PROJECT

次世代に伝え、残す
原発震災は歴史的にみれば千年に一度の大きな事件です。 しかし、震災から8年が経過した今、この大きな事件は忘れ去られつつあります。
当プロジェクトは、2011年3月11日に発生した東日本大震災・原発事故の翌日から福島に入り、 取材を続けてきたフォトジャーナリスト・豊田直巳が写したフクシマに生きる人々の姿を通じ、 彼らの尊厳を記録し、多くの人の心に残したいと始めたプロジェクトです。

豊田直巳写真展 開催団体募集中!
当プロジェクトの主旨に賛同いただける方に、写真パネルを無料でレンタルいたします。 ぜひ、フクシマの8年間の記録と記憶を伝える当プロジェクトにご協力ください。
写真パネル貸出(無料)のお申込方法はこちら

プロジェクトご支援のお願い
「フクシマの声」を世界へ届ける写真展開催のため、クラウドファンディングをおこなっています。ぜひご支援をお願いいたします。
>>MOTION GALLERY 「豊田直巳写真展 『フクシマ~尊厳の記録と記憶』を世界中で!プロジェクト」

MOTION GALLERY以外にも、郵便振替、銀行振込でもお手続きいただけます。
ーー郵便振替口座ーー
口座番号:02270-6-142184
口座名:竹内俊之(タケウチ トシユキ)
担当:竹内
ーー銀行口座ーー
りそな銀行 蒲田支店(支店番号515)
普通 1465914
口座名義:シゲノトシヤ
担当:茂野

MESSAGE

フォトジャーナリスト豊田直巳は写真集やドキュメンタリー映画、そして写真展で『フクシマ~尊厳の記録と記憶』を全国に、世界に伝え続けてきました。 しかし、日本が東京オリンピックに向かう中で「フクシマの原発事故は終わった」かのような、放射能被害はなかったかのような「空気」が漂っています。
でも、原子力緊急事態宣言は今も継続中です。この緊急事態の中に生きる福島の人びとのことを、写真展で世界に伝えたいのです。

これまで豊田直巳の撮影した写真の一部は国連本部やベネズエラ国立美術館でも展示されて大きな反響を呼んできました。 また、当プロジェクトの前身でもある豊田直巳写真展『フクシマの7年間〜尊厳の記録と記憶』(2018年度開催)は、 国内だけでなく、台湾、タイ、韓国でも開催され、たくさんの共感と共鳴をいただいてきました。 ところが、フクシマを経験したはずの日本政府によって原発が再稼働され、海外に輸出されようとしています。 しかし、現実には福島を覆う放射能汚染が消えるまで100年、200年を必要とします。それでも福島で人々は生きています。これからも生きていかなければなりません。 この写真展は、そんな人々の応援歌でもあります。この写真展が世界に広がることで、「フクシマを生きる人びと」への共感と共鳴と愛情を育むことが出来ると信じています。

SUPPORTER
クラウドファンディングにてご支援いただいたみなさま


みなさまのご支援により、目標金額を達成することができました。
写真展開催のための費用として活用させていただきます。
ご協力いただきありがとうございました


EXIBITION

PROJECT MEMBER